eShop in silico

Welcome to ISB Online Shop!

自社広告(当サイトから離れません)

eShop in silico 使用期限付き格安ライセンス製品

1年以内の期間ライセンスを使用される方向けの格安製品です
ライセンスは自動継続されません。継続使用される方は、再度ご購入ください。

サイト内全文検索

IMC D2A3 カレントゲノム配列の指定したFeature KeyとQualifierを除去して保存

現在メインフィーチャーマップに表示、編集中のカレントゲノム配列を別名で保存します。

操作手順

  1. 保存するゲノム配列をカレント配列としてメインフィーチャーマップに表示します。
  2. メニューから File -> Save as… をクリックします。
  3. Save File Setting ダイアログが表示されます。
  4. Output セクションのFile Name テキストフィールドに直接新しいファイル名を入力するか、あるいはRef…をクリックして、ファイル選択ダイアログを開き、そこで保存するファイル名を指定します。
  5. Option セクションの2つのチェックボックスのどちらか一方、あるいは両方にチェックします。
  6. Screen Feature(s)チェックボックスにチェックした場合には、指定されたFeature Keyに属するフィーチャーが除去されます。
  7. Screen Qualifier(s) チェックボックスにチェックした場合は、指定されたQualifierが除去されます。
  8. 除去するFeature KeyやQualifierの設定は、「C15 FeatureとQualifierの除去」をご覧ください。
  9. Save ボタンをクリックします。
  10. ファイル出力が実行されます。
  11. 実行中は進捗メッセージが表示されます。
  12. 出力が完了すると新規に作成された配列ファイルが自動的にメインカレント配列としてロードされ、メインフィーチャーマップに表示されます。