eShop in silico

Welcome to ISB Online Shop!

自社広告(当サイトから離れません)

eShop in silico 使用期限付き格安ライセンス製品

1年以内の期間ライセンスを使用される方向けの格安製品です
ライセンスは自動継続されません。継続使用される方は、再度ご購入ください。

サイト内全文検索

IMC B1A5 設計したフィーチャーレイアウトスタイル(FLS)に名前を付けて保存

フィーチャーレイアウトスタイル設定ダイアログや、レーンスタイル設計ダイアログを使用してフィーチャーレイアウトスタイルのデザインを編集することができます。

この変更されたデザインを名前を付けて保存・登録することにより、このスタイルを別のゲノム配列に適用することができるようになります。

操作

  1. 「Lane Style」デザインダイアログを使用して、フィーチャーレイアウトスタイルを変更します。
  2. 現在適用中のフィーチャーレイアウトスタイルを変更した場合には、メインウィンドウの「Layout:」プルダウンメニューのスタイル名に「+」文字が付加されていきます。
  3. 何度も修正すると「++++」と数が増えます。
  4. メニューあるいはツールボックスから「Layout Style」デザインダイアログを開きます。
  5. 「Save the Style…」をクリックします。「Save the Style…」をクリックします。
  6. 「Feature Layout Style Naming」設定ダイアログが表示されます。
  7. 入力フィールドに新しいレイアウトスタイルの名称を入力します。
  8. Apply」をクリックします。
  9. ダイアログ上のフィーチャーレイアウトスタイル名とメインウィンドウの上部インディケータ領域のLayout欄が新規に登録した名称に変更されます。
  10. 以降は登録したFLSをこの名称で呼び出し、任意のゲノム配列に適用することが可能となります。