eShop in silico: eショップインシリコ

ようこそISBオンラインショップへ!

自社広告(当サイトから離れません)

eShop in silico 初期購入ライセンス製品(新規のお客様向け)

初めてIMCライセンスを購入される方向けの製品です
ライセンスは自動継続されません。期限満了時に、継続・更新ライセンス製品からご注文いただきます。

IMC B2D フィーチャーレーンの機能と設定

フィーチャーレーンには登録されているフィーチャーを様々な図形で描画し、配置することができます。

また、フィーチャーを属性を表すQualifier情報は、ラベルとして表現できます。

フィーチャーレーンは、メインフィーチャーマップにいくつでも同時に表示できます。

それぞれのフィーチャーレーンに複数のフィーチャーキーを表示でき、異なるデザインを適用できます。

これらを組み合わせた複合的なフィーチャーマップを設計できます。

設計

 

各フィーチャーレーンのデザインは、「Feature Lane Style」設計ダイアログから行います。

複数のフィーチャーレーンがある場合は、それらの表示順序を「Layout Style]設計ダイアログから行います。

その他のレーンを含めて、設計したレイアウトを名前を付けて保存できます。

これらの管理のために、「Feature Layou Style Setting」ダイアログを使用します。

機能

フィーチャーレーン上では様々な操作が可能です。

機能は、各フィーチャー上で実行する機能、選択された領域上で実行する機能、フィーチャーレーン上で実行する機能、の3種に分類できます。

フィーチャー上で実行する機能は、フィーチャーの上でマウス右クリックで表示されるメニューか選択します。

選択された領域上で実行する機能は、フィーチャーレーン上でマウスドラッグし選択します。

その領域上で、マウス右クリックするとメニューが表示されます。

フィーチャー上からのメニューと選択領域上からのメニューでは若干内容が代わります。

フィーチャーレーン上でのマウス右クリックでは、以下の操作が可能です。

フィーチャーの形状や表示カラー、ラベルの設定には、「Feature Setting」ダイアログを使用します。

このダイアログでは、多様な設定が可能ですが、フィーチャーレーン関係の設定は、以下のペインから行うことができます。

  • Feature Mapタブペイン:フィーチャーの形状やカラーを設定します。
  • Classificationタブペイン:遺伝子機能分類コードを設定します。
  • EC_Numberタブペイン:EC番号に関する設定を行います。
  • Categoryタブペイン:フィーチャー分類に関する設定を行います。
  • BlastColorタブペイン:相同性検索結果の表示設定を行います。

選択中のライセンスに対応する試用版

ご購入の前に試用ライセンスで動作確認ができます

サイト内全文検索