eShop in silico

Welcome to ISB Online Shop!

自社広告(当サイトから離れません)

eShop in silico 使用期限付き格安ライセンス製品

1年以内の期間ライセンスを使用される方向けの格安製品です
ライセンスは自動継続されません。継続使用される方は、再度ご購入ください。

サイト内全文検索

IMC A ワークベンチを広く使うための便利な方法

ワークベンチの大きさは限られています。

IMCは以下の機能を使った、狭いウィンドウを広く使えるようにしています。

ドックとアンドック機能

メインフィーチャーマップや多重リニア(参照)ゲノムマップは通常ワークベンチにタイル状に配置されています。それぞれの境界やディレクトリツリーの境界はドラッグしてどちらかを拡大することがありますが、限界がありまs。

ワークベンチに収まっているメインフィーチャーマップや多重リニアゲノムマップはアンドックして、独立のウィンドウとして表示できます。そこでさらにリサイズすれば、大きなフィーチャーマップをみることができます。

レーン瞬間隠しアイコン

メインフィーチャマップは、いろいろな機能別レーンが縦に並んでいます。このため、画面の縦サイズが小さいディスプレイでは、縦スクロールで何度も上下に移動する必要があります。

よく見るレーンは「可視」レーンに、あまり見ないレーンは「不可視」レーンにすると効率よくゲノムブラウズできます。レーン毎のアイボールアイコンをクリックして、可視レーンと不可視レーンをトグルで変更できます。

レーン移動機能

メインフィーチャーマップは、フィーチャーレイアウトのレーン移動機能を使って、よく見るレーンは上部に、あまり見ないレーンは下部に移動しましょう。

ツールボックス隠しボタン

ツールボックスの左上隅にあるアイボールボタンをクリックすると、ツールボックスが最小化され、メインフィーチャーマップなどを広く使えます。目を閉じたアイボールをクリックすると、ツールボックスが再度表示されます。

ツールボックス取り外し

ツールボックスは、メインウィンドウから取り外し、ディスプレイの任意の場所に配置することができます。

拡張マルチディスプレイ

外部出力を2系統以上もっているPCやMacであればマルチディスプレイにして、使える可視空間を拡張しましょう。

ノートPCでもBsub15端子と、HDMI端子を持っているなら、外部に2つのディスプレイを付けることができます。

さらに、iPadを持っているなら、iPadアプリのDuet Displayを使うと、ノートPCでも内蔵ディスプレイを含めて全部で4つのディスプレイを使えます。

縦型ディスプレイ

IMCの利用者に人気なのが、縦型ディスプレイです。アレイ版での発現解析結果の閲覧などには特に有効です。