eShop in silico

Welcome to ISB Online Shop!

自社広告(当サイトから離れません)

eShop in silico 初期購入ライセンス製品(新規のお客様向け)

初めてIMCライセンスを購入される方向けの製品です
ライセンスは自動継続されません。期限満了時に、継続・更新ライセンス製品からご注文いただきます。

IMC I01C 制限酵素によるDNA配列の消化断片化

実装製品・エディション

目的


注釈付き塩基配列ファイルを特定の制限酵素で消化切断し、それぞれを配列ファイルとして保存します。

操作の流れ

  1. 塩基配列の読み込み
  2. 制限酵素の選択
  3. 消化断片化
  4. 断片化配列のファイル保存

用意するもの・サンプル

  • ソフトウェア:IMC SE,GE,AE,DS
  • サンプル塩基配列ファイル(例): Bsub50Kbp.gbk
  • 制限酵素(例): BamHI

操作手順

  1. 塩基配列ファイルをCurrentMainFolderにロードします。
    • Feature Mapが表示されます。
  2. RE Recognition Buttonをクリックします。
    • Enzyme Selection Dialogが表示されます。
  3. Select All ボタンをクリックします。
    • すべての制限酵素が選択されます。
  4. Show Recognition Siteボタンをクリックします
    • Recognition Siteウィンドウが表示され、制限酵素別の制限酵素サイトの数が表示されます。
  5. 例えば、BamHI制限酵素にチェックします。
    • 右側のパネルにBamHI認識部位のリストが表示されます。
  6. Digestionをクリックします。
    • BamHI消化断片リストが表示されます。
  7. Select Allをクリックします。
    • BamHI消化断片全部が選択されます。
  8. Loadボタンをクリックします。
    • 全消化断片が反応プールにロードされます。また、それぞれ断片毎にGenBankファイルが生成されます。

結果

  1. 断片化されたGenBankファイルが新規に作成されます。
    • 操作の際、「Load」および「Save」した場合です。Saveしない場合は、破棄されます。

選択中のライセンスに対応する試用版

ご購入の前に試用ライセンスで動作確認ができます

サイト内全文検索