eShop in silico

Welcome to ISB Online Shop!

自社広告(当サイトから離れません)

eShop in silico 使用期限付き格安ライセンス製品

1年以内の期間ライセンスを使用される方向けの格安製品です
ライセンスは自動継続されません。継続使用される方は、再度ご購入ください。

サイト内全文検索

IMC 313 コマンドプロンプトからのIMC起動(Windows)

313: コマンドプロンプトからのIMC起動方法(Windows)

  • デスクトップのIMCアイコンをダブルクリックする方法ではIMCを起動できない場合は、コマンドプロンプトを使用してIMCを起動します。

Windowsの場合(トラブルの場合などに使用)

  1. コマンドプロンプトを起動します。
  2. コマンドプロンプトのコマンドラインからコマンドを入力して操作します。
  3. IMCがインストールされているディレクトリに移動します。
    • >cd c:\Program files (x86)\isb\imc\bin
  4. IMCを起動するためのコマンドを入力します。
    • >java -Xmx1000m -jar ImcLauncher.jar-Xmx1000m の数字部分は、実装されているメモリーサイズを超えないようにしてください。また、32bitのWindowsの場合は、1400以下の数値にしてください。

コマンドプロンプト上に表示されたエラーメッセージのコピー方法

  1. 左上隅のコマンドプロンプトアイコンをクリックします。
    • メニューが表示されます。
  2. 「編集」 → 「すべてを選択」をクリックします。
    • メッセージ全体が反転表示されます。
  3. 同様にメニューの「編集」→「コピー」を選択します。
    • メッセージがクリップボードにコピーされます。
  4. NotePadなどのエディターを起動します。
    • エディターにペーストします。